« 予定日を超過したら | トップページ

お産に不安や怖さを覚える時

 妊娠中、特に何のトラブルもなく、成長する赤ちゃんの胎動を感じながらハッピーに過ごしてきた方でも、臨月に入ると漠然とした怖さを覚える事があります。

 今まではまだ先の事と思っていた出産の時が近づいた事で、急に「お産」がリアルになってきます。

「本当に、産めるだろうか?」

「痛いと聞くけれど、耐えられるだろうか?」

「難産になったりしないだろうか?」

 でもこういった感覚は、実は「野性」とは反したものです。
頭が作り上げた幻想に、意味なく脅えているのです。

 そんなわけない、と思います?

 ではもしもあなたの周りの人が、これまで1度も「お産はつらい」という話をしていなければ、あなたはどう思っているでしょうか?
ドラマやドキュメンタリーでみる出産のシーンがいつも心地よさそうで、喜びだけのものだったら?
あなたのお母様が、「産むのは最高に楽しいよ~。気持ちいいよ~」と言っていたら?
先に出産した友人が、お産がいかに面白かったかしか語らなかったら?

 おそらくあなたの中に「出産=大変・痛い」という発想はないはずです。
特に初産の方はそうでしょう。 だって、まだ1度も出産という経験をしていないんですから、他の人からの情報を参考にするしかないんですもの。

 既に経験された経産婦さんの場合は、初回がつらければ「自分の経験として怖い」と思うかもしれませんね。 でもその経験も、初回、みんなに「大変だよ、痛いよ」と言われたのを鵜呑みにして、無理やり痛い思いをしていただけかもしれないですよ?
(もちろん、赤ちゃんの首に臍の緒がまきついていたとか、逆子だったとか、母体の体力が大きく落ちていた・・・とか、そういう特別な場合はのぞきます)

 実は、妊娠中にとても興味深い出産のお話を聞くチャンスがありました。

 本来、お産に痛みなんてない。 そうでなければ、自然に反する。
生命は子孫を残そうとするのが自然の姿だ。 もしその子孫を残すのに毎回大きな苦痛が伴えば、繁殖のチャンスは減ってしまう。 

 なるほど、と思いました。
ただ、その苦痛に勝る達成感を出産後ホルモンが作る、とも聞いていたので、痛みはやはりあるんじゃないか・・・というのが私の考えでしたけどね。(笑)

 でも不思議な縁で、痛くないのが当たり前、という話が続々と私の元に集まり始めたんです。

 1度もいきまないで出産した方。
 本当に苦痛なく自然分娩した方。

 そういう方との出会いでお聞きした話は驚きのものばかり。

 

|

« 予定日を超過したら | トップページ